BUNGO -ブンゴ


『BUNGO -ブンゴ-』 二宮裕次

掲載雑誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)

あらすじ
少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
Amazon商品ページより転載)

管理者より
中学のシニア(使うのは硬球です)という今までに無かった題材の野球漫画です。

シニアの選手達は中学校の軟式の部活とは比べものにならないほどレベルが高いです。言い方を変えると甲子園に出場する高校のメンバーの大半は、彼らのように中学時代にシニアのチームに所属していた者たちということです。

そんな野球エリートの棲み処に単身挑む未経験者のブンゴが、そのエリート達やスカウトをあっと驚かせるのがとても痛快で面白いです。

猛禽系野球狂ストーリー」というなかなか面白いキャッチコピーですが、それも当然。他のことに目もくれない、自分の体の傷も顧みない、そんな主人公の危うい才能(「シャカリキ」を思い出させますね)が周囲を巻き込んでいきます。

参考画像

bungo-1

 

bungo-2

 

bungo-3

bungo-4

 

bungo-6

bungo-7

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
BUNGO―ブンゴ― 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) (3巻既刊 2015年11月)