マイボーイ


『マイボーイ』 木村紺

掲載雑誌「月刊アフタヌーン」(講談社)

あらすじ
有望な選手を多数かかえるボクシングジム「ペンギンジム」。飛躍をかけて挑んだ一大興行がまさかの大惨敗! 飛躍どころか破産の危機に! ジムを立て直すには試合に勝ち続けるしかない。この窮地に立ち上がったのは会長の孫娘・響! ボクシングの知識と胸の大きさなら誰にも負けない響と気の弱いハードパンチャー・佐藤。二人三脚で目指すのはもちろん王者の座!

小細工抜き、真っ向勝負のボクシング漫画、ここにスタート!
公式サイトより転載)

管理者より
最近「リクドウ」を紹介したばかりですが180度方向性が違います。(勿論どちらも面白いです)

リクドウは主人公が孤独で、ボクシング描写がとても刹那的ですが、マイボーイはジムの4人の仲間同士が助け合い、ボクシングの戦い方もリクドウ以上に理論的です。(試合の描写は「太郎」とかに近いかな)

トレーナーの響ちゃんがとても可愛いらしくて、彼女のボクシング理論がとても面白いです。

まずは2巻まで試しに読んでみるのをおすすめします。

参考画像

my-1

my-2

 

my-3

 

 

my-4

 

my-6

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
マイボーイ(1) (アフタヌーンKC) (3巻既刊 2015年11月)