我らコンタクティ


『我らコンタクティ』 森田るい

掲載雑誌「月刊アフタヌーン」(講談社)

内容紹介
冴えないOLをしているカナエは小学校時代の同級生かずきと再会する。
何故か1人でロケット開発をしているかずきを見て、カナエは直感する。

「これは金になる」と!

読み切り『お姉ちゃんの妹』が大評判だった森田るいが満を持して初連載!
(講談社公式サイト「モアイ」作品紹介より)

管理者より
ロケットを打ち上げて宇宙で映画を上映する!?

そんな突飛な夢に魅せられた二人のご近所SFロマン物語です。

淡泊な絵柄と裏腹にかなり本格的なSFなので、是非こちら、試し読み第一話を読んでいただきたいと思います。
作品の隅々からものづくりへの敬意がひしひしと感じられる素晴らしい漫画なんです。

またこの漫画は全一巻ですが、起承転結がとても上手くまとまっていて、終盤ワクワクがハラハラに変わってからの盛り上がりが凄まじいです。

あまり言うとネタバレになるのですが、物語が進むにつれて、主人公二人が純粋に夢を求め、恋愛感情や功名心を超えた崇高な領域に足を踏み入れる様子が、「かもめのジョナサン」を思い出させました。

読むことで一つの”体験”ができる稀有な漫画です。
(この感覚は「子供はわかってあげない」以来でした。)

管理者イチオシです。

参考画像

 

 


試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス) (全一巻)