おとなになっても

『おとなになっても』 志村貴子

掲載雑誌「Kiss」(講談社)

内容紹介
小学校の先生をしている綾乃は、久しぶりに立ち寄った行きつけのバーで、朱里に声をかけられる。二人は初対面ながら意気投合し、そのまま朱里の部屋へ。キスをしてまた会うことを約束する。しかし数日後、朱里のバーに現れた綾乃は「夫」を連れてきて……!?

初めての気持ちに戸惑う綾乃と、そんな綾乃に振り回されながらも惹かれる心を止められない朱里。

30代半ばになってもまだ全然おとなじゃない。胸騒ぎが止まらない、少しビターな大人百合、開幕!
公式サイトより引用)

管理者より
志村貴子先生といえば『青い花』や『放浪息子』などなど、同性愛やトランスジェンダーを扱った数多くの傑作漫画を描かれている方です。この『おとなになっても』も『青い花』と同様に女性に恋する女性のお話なのですが、主人公達が高校生であった青い花に対して、この漫画の主人公は30代で、公務員で、かつ既婚(!)という立派な大人です。

そんな身を固めたはずの主人公の綾乃が、女性を好きな気持ちを諦めきれずに女性に恋するお話なのですが、読むと「こいつ(綾乃)ホンマモンのワルやで!」と言いたくなる程の振り回しっぷりです。むしろヒロインの朱里に同情して応援したくなります(笑)

正直なところ私自身、二人の恋を応援したい気持ちと、いや止めておけよ…とハラハラする気持ちが6:4くらいです。

むしろここまで後ろ向きなリアリティを突き付けられてしまうと、『青い花』などを読んで女性どうしの恋愛を「百合」という一つの属性として楽しんでいた自分は不謹慎だったのではないだろうかと、少し切ない気持ちになってしまいました。(と言っても志村貴子の同性愛描写はむかしから結構生々しいですが)

最近上映された『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で話題になった「オタクからの卒業」に対する感傷と似たものかもしれません。

…少し脱線してネガティブな感想になりかけましたが、二人の恋路を最後まで見届けたいという気持ちには間違いありません。『オクターヴ』と…それからワルいヒロインつながりで笑『ハネムーンサラダ』と合わせてオススメします。

参考画像

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
おとなになっても(1) 【電子版限定特典かきおろしマンガ付き】 (Kissコミックス) Kindle版 (4巻既刊、2021年6月)
おとなになっても(1) (KC KISS) コミック – 2019/10/11 (4巻既刊、2021年6月)