ハチミツとクローバー

『ハチミツとクローバー』 羽海野チカ

掲載雑誌「CUTiE Comic」(宝島社)、「ヤングユー」(集英社)、「コーラス」(集英社)

概要
美術大学を舞台に、いわゆる「青春群像劇」を、ハイテンションなエピソードや静かな感動シーンを通じてとらえていく。恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いている。
wikipediaより一部抜粋)

管理者より
群像劇ではありますが、主人公の竹本君の頑張りを見るといつも本当に胸がキューーーっと締め付けられます。竹本君がなかなか決まらない進路に悩み、報われない恋とその思い人の窮地に葛藤し、それでもちゃんと答えを見つけて前に進もうとする姿を、私は本当にいとおしいと思いました。

大学恋愛漫画かと思いきや、社会人チーム(おとな組)の恋模様もあって、実は僕も野宮さんが告白するシーンが好きだったり。(たしか本編ではっきり「好き」と思いを相手に直接言ったのは主人公の竹本君と野宮さんだけだったと思います)

一気読みするタイプの漫画ではなく、のんびりと、登場人物の成長を見守りながら読むタイプの漫画だと、個人的に思います。

大人になった今読むとすごくノスタルジーを感じますね…。

ヒロインの一人の山田さんが好きなので、以下の記事でちょこっと紹介しちゃいました。
あなたの萌えはどこから?

(追記)『ハチミツとクローバー』で印象的なエピソードは?と聞かれたら、私は9巻の森田兄弟の回想に登場する「根岸のおじさん」を挙げます。いわゆる持たざる者のお話です。

羽海野チカ先生自身も漫画家としておそらく色んな人から嫉妬やねたみを受けてしまう場面の方が多かっただろうはずなのに、ここまで(男のプライドも含めて)持たざる者の気持ちを描き切れるのかと、凄まじく心をえぐられました。

参考画像

hachi-1
hachi-3
hachi-5
hachi-6
hachi-7
hachi-8

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
ハチミツとクローバー 1 Kindle版(全10巻)
ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス) (日本語) コミック – 2002/8/19(全10巻)