波よ聞いてくれ

『波よ聞いてくれ』 沙村広明

掲載雑誌「月刊アフタヌーン」(講談社)

概要
舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!
Amazon商品ページより引用)

管理者より
ゴールデンカムイ』、『スナックバス江』に続いてまたもや北海道漫画です。偶然でしょうか(笑)

沙村さんと言えばときどき「楽園 Le Paradis[ル パラディ]」で面白い短編を描かれているなと思っていたのですが、(無限の住人はまだ読んでいないです、すみません…)これもなかなか良いノリとツッコミのギャグ漫画です。

こういうハチャメチャで笑える漫画は大好きです。

ミナレさんみたいな面白い女性良いですよね。幸せになってほしいです。

参考画像

nami-1
nami-2
nami-3

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版 (8巻既刊 2021年4月)
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC) コミック – 2015/5/22 (8巻既刊 2021年4月)