ナンバーガール

『ナンバーガール』 谷川ニコ

掲載雑誌「電撃だいおうじ」(KADOKAWA)

内容紹介
近未来。街にはクローン女子高生たちがいっぱい。クローンたちは一人前の女子高生になるべく個性を求めて、がんばります! 学園生活を生温かく見守ってほしい近未来クローン女子高生集団コミック第1巻!!
Amazon商品ページより引用)

管理者より
16人のクローンの女の子達の愉快でお馬鹿で生意気な日常が楽しめるギャグ四コマ漫画です。

16人は多いだろ…と思いきや、話が進むにつれて徐々にキャラクター達の個性が発揮され、最初全く同じだった容姿もキャラ毎に差別化されていきます。(個人的に好きなキャラはおバカな”2″と自称巨乳の”6″です)

あと本当に谷川ニコ先生はクレヨンしんちゃんの”前が見えねェ”ネタ好きだなと思いました(笑)

3巻の後書きでネタ切れと作画が大変だったと述べられておりますが、『私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。』(わたモテの中学生番外編)と同様に、谷川ニコ先生はとても四コマ漫画が上手な作家だと思います。

私の中で勝手に『ナンバーガール』『クズとメガネと文学少女(偽)』『ライト姉妹』の三作品を谷川ニコギャグ三部作と呼んでいるのですが、実は一番のオススメがこのナンバーガールです。三作品とも巻数が短いのでお勧めですよ。

参考画像

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
ナンバーガール(1) (電撃コミックスNEXT) Kindle版 (全3巻)
ナンバーガール (1) (電撃コミックスNEXT) (日本語) コミック (全3巻)