奇跡の一冊紹介その3(げんしけん9巻)

posted in: 小ネタ集 | 0

 

「奇跡の一冊」紹介の三つ目、それはげんしけん9巻です!!!!
gen1-2

 

いきなり私事ですが、げんしけん14巻読みました。めっちゃ感動しました。
だって一つの恋にピリオドがついたんですよ。心震えないわけにいかないじゃないですか。

でも残念ながら今回紹介するのは9巻です。なぜ僕が残念がっているのかを知りたければ、是非14巻まで読んでみましょう。

 

7、8巻で主人公である笹原の就活と恋愛事情がひと段落して、この9巻冒頭では卒業間近の年末から物語が始まります。当時は読み始めから寂しさを覚えました。ああ、もうおわっちゃうんだなーと。(あとすっげえ絵きれいになったなーと。)

でも、この9巻の見どころは主人公笹原ではなく、斑目です。

斑目は笹原の一個上で既に社会人になっています。しかし勤務先が大学に近いため、ちょくちょく部室に寄っていました。この巻で斑目は笹原と同じく卒業していく咲(咲には既に高坂という彼氏がいます。)に秘め続けると決めていた恋心を打ち明けるか迷ってしまいます。その姿が切なくて切なくて、読んでて泣けました。
gen2

gen3

告白する勇気って、なかなか出ないですもんね…。片思いって楽ですもんね…。
gen4

gen5

この恋の続きが知りたい方は是非読んでみましょう!!最新刊まで!!

 

胸を張って言いますが、僕は木尾さんの作品が大好きです。「五年生」も「ぢごぷり」も大好きです。容赦の無い感情描写と緻密なストーリには本当に惚れ惚れします。「げんしけん」はそこにフィクションとしての「都合の良さ」を数滴垂らして絶妙なバランスに仕上げられた作品なのだろうと思います。…偉そうなことを言ってすみません。しかし恋というのは甘酸っぱいものなのですよ。…よ。

 

少しでもオタ属性があればおすすめします。「げんしけん」を読んだら、そこからちょっとずつディープな世界にはまっていくのも…いいかもしれませんね(笑)

 

 

げんしけん(1) (アフタヌーンKC (1144)) (14巻既刊 2013年8月)