ツマヌダ格闘街

『ツマヌダ格闘街』 上山道郎

掲載雑誌「月刊ヤングキング」(少年画報社)

あらすじ
プロのイラストレーターになるため上京してきたばかりの八重樫ミツルは、格安アパートがあると聞いて訪れた妻沼田市でメイドのドラエと出会う。妻沼田市は街全体を挙げて格闘技を盛り上げようとしており、登録選手であれば街中でのストリートファイトも合法とされている。ミツルの素質を見抜いたドラエは彼に選手登録をさせて、アドバイスを通じて格闘家として育てていく。
wikipediaより転載)

管理者より
格闘漫画としても面白いのですが、感動的な(特に家族愛に満ちた)エピソードも多く、読んでいて二重の意味で心が暖まる漫画です。普段の生活に役立つ体の使い方も紹介されるため、是非多くの人に読んでほしい作品だと思います。管理者一押しです。

参考画像

tsuma-1

802

 

tsuma-3

tsuma-5

 

 

tsuma-6

 

 

tsuma-7 tsuma-8

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
ツマヌダ格闘街 1 (1) (ヤングキングコミックス) (17巻既刊 2015年9月)