ノノノノ

『ノノノノ』 岡本倫

掲載雑誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)

あらすじ
スキージャンプ界に現れた無名の新星・野々宮悠太。実は、彼の正体は…なんと男装した女の子!! 彼女は、男子しか出場できないオリンピックのジャンプ種目で金メダルを獲るのが夢なのだが…!? 「エルフェンリート」の岡本倫が描く待望の異色スキーコミック第1弾!!
Amazon商品ページ(第一巻)より転載)

管理者より
王道な展開に燃える作品です。巻を追うにつれ、ダイナミックさを増していくスキージャンプの描写もすごいです。

大口(ビッグマウス)を叩きつつ、逆境をはね返し、相手を実力でねじ伏せていく展開がもうたまりません。

8巻までは本っ当に面白いです。この『ノノノノ』と『嘘喰い』目当てでヤンジャンを買いだす位に大好きでした。

ただ9巻に少しショッキングな描写や展開があって、そこから尻すぼみになっていく感じががが、いや僕はその後半のIH編も好きなんですが、大好きなんですが、でもやっぱり薦めづらいところもあって…。

あーー!もーー!まずは4巻までどうぞ!!

参考画像

 

 

 

岡本倫_ノノノノ⑦_1_1

岡本倫_ノノノノ⑦_1_2

岡本倫_ノノノノ⑦_1_3

岡本倫_ノノノノ⑦_1_4
試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
ノノノノ 1 (ヤングジャンプコミックス) (全13巻)