孤独のグルメ

『孤独のグルメ』(こどくのグルメ) 原作・久住昌之、作画・谷口ジロー

掲載雑誌「月刊PANJA」(扶桑社)、「SPA!」(扶桑社)

概要
個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店が殆どである。料理の薀蓄を述べるのではなくひたすらに主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などはほとんどなく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。
wikipediaより一部抜粋)

管理者より
何かと名言が多いこの漫画ですが、五郎の食事シーンも素晴らしい(単純にすごく食べっぷりが良い)、落ち着いた作品です。

回転寿司を食べるお話の最後のモノローグが個人的に好きです(笑)

参考画像

kodoku-1
kodoku-2
kodoku-3

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス) Kindle版(全2巻)
孤独のグルメ【新装版】 (日本語) コミック – 2008/4/22(全2巻)