いいひと。

『いいひと。』 高橋しん

掲載雑誌「ビッグコミックスピリッツ」 (小学館)

概要
底抜けの「いいひと」北野優二と、目の前に現れた「いいひと。」の存在に触発され(あるいは感化され、あるいは反発し、あるいは変わらないまま)ながら生きる、たくさんの人々の物語である。
wikipediaより一部抜粋)

管理者より
紹介するのが難しい漫画です(笑) ジャンルは「サラリーマン漫画」で良いんでしょうかね。

山口六平太」のように、主人公が直接的に問題を解決していくわけではなく、優二とは別の各エピソード毎の主人公が、優二に出会い、自分と周りを見つめなおして行動を起こす・・・という具合です。全編の主人公である優二は、誰の陰謀かも気にせず、さまざまな部署を転々としていきます。

適度にギャグも織り交ぜられていて、とても読み易くて面白いです。

ヒロインたちも可愛いです。私のおすすめは二階堂さん(`・ω・´)キリッ

途中から絵柄もやわらかくなっていって、最終兵器彼女の頃の絵に近づいていきます。

まあ、読んでみてくださいな。

参考画像

 

高橋しん_いいひと⑬_1_1

高橋しん_いいひと⑬_1_2

高橋しん_いいひと⑬_1_3

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
いいひと。―For new natural life (1) (小学館文庫)(全18巻)