ゆびさきミルクティー

『ゆびさきミルクティー』 宮野ともちか

掲載雑誌「ヤングアニマル」(白泉社)

概要
女装趣味を持つ少年を中心に展開される恋愛漫画。登場人物の成長に拘って描かれている。タイトルのミルクティーとは「ミルク=白=男性」、「ティー(紅茶)=赤=女性」で2つが合わさっているという意味。ゆびさきは、「ちょっとエッチっぽいニュアンスを出したかった」との事。

主人公の少年の女装を題材にしたものだが、実際には主人公の幼馴染・主人公の同級生を取り巻く三角関係を描いた作品である。淡い少女漫画を思わせる絵柄とは裏腹に、近親愛系や同性愛系のモチーフが非常に多く、また様々な種類のフェティシズムに満ちており、「限りなく透明でささやかなストーリー」という作品コンセプトとは裏腹に、全体的には非常に濃い作品となっている。
wikipediaより一部転載)

管理者より
私の読んだ印象も、ほぼ概要の通りです。結構エッチで、にやにやできる漫画です。ここでは貼れませんが(笑)

参考画像

 


試し読みをする



Amazonへのリンクはこちら
ゆびさきミルクティー 1 (ジェッツコミックス) (全10巻)