笛のイントロで始まるアニソン等

ジャズピアニストであるオスカー・エマニュエル・ピーターソン(Oscar Emmanuel Peterson)による演奏です。頭とろける~。

 

さて宝石の国の8巻を読みました。


宝石の国(8) (アフタヌーンコミックス)

単刀直入に言って放心状態…です。

7巻でラピスの頭部移植に成功したフォスは、ラピスの残留思念と知能を得て、自分の目的のために必要なことが”月に行くこと”であることを悟ります。

そして単身月に乗り込むことに成功…というヒキで、我々読者は8巻を待たされ続けたわけですが(笑)、この8巻でようやく、今まで宝石(フォス達)を狙ってきた月人との対話が叶います。

待ちに待った対話です。(そもそも月人が喋れるのか?というところからですが)

そこからいくつもの真実が判明します。それと同時に、フォスの目的の半分はもう叶わないことも判明します。衝撃でしたね…先生の正体も。でも、すごく納得でした。

そしてフォスはもう半分の目的を叶えるために、そして新たに抱いた願い(月の技術を使い、仲間を治し、シンシャから毒を取り除くこと)のために、月人と手を組むことを選択します。

それは先生(と宝石たち)を裏切ることに他なりません。

仲間を月に連れてくるという月人との約束を果たすために、フォスは上手く宝石たちを唆すことに成功します。しかしその果てに待ち受けていたのは、目的そのものであるシンシャからの拒絶でした。

なんというかRPG(例:FEDAとかオウガバトル64とか)に例えると、覇道ルートを突き進んで取り返しのつかない状況に陥ってしまったような感じ。

機動戦艦ナデシコに例えると、木星トカゲの親元の正体が同じ人間であることを知っても納得できないアキト君みたいな感じ。

コードギアスに例えると、ナナリーのためにギアスを使ってきたことをナナリー自身から否定されてしまうルルーシュみたいな感じ。

この取り返しのつかない、でももう前に進むしかない状況での8巻のヒキ、これが最高でした。

ええ待ちますよ。9巻も楽しみにしております。

 

…と前置きが長くなりましたが、今日のまとめは「笛のイントロで始まるアニソン」です。(ついでに「ピアノ独奏で始まる曲」もまとめました)

今回紹介するのはこの5曲です。

  • 語り継ぐこと(元ちとせ)
  • コスモスに君と(戸田恵子)
  • Dragon(新ゲッターロボ)(JAM Project)
  • 南風(下川みくに)
  • 禁断のレジスタンス(水樹奈々)

語り継ぐこと」はBlood+というアニメの最初のEDでした。土曜夕方のアニメとしてとても記憶に残っています。(UVERworldの三つ目のOPがむちゃくちゃ好きでした。)

またこの「語り継ぐこと」の静画EDは、ニコニコ動画などでかなりパロディも作られております。

伝説巨神イデオンのEDより「コスモスに君と」。戸田恵子さんはご存知アンパンマンの声優さんです。

イデオンはいいぞ。

ゲッター 頼光 弁慶 ベアー

隼人 竜馬 武蔵坊

早乙女 鬼斬り 大 雪 山 !!

こちら「Dragon」は新ゲッターロボの主題歌です。

真(チェンジ)ゲッターロボの「今がその時だ」や「HEATS」も好きですが、実はゲッターロボの平成OVA三作の中では、この「Dragon」が一番カッコいい曲だと思っております。

フルメタル・パニックのアニメ3期(TSR)のOPより「南風」。下川みくにさんの声が透き通って気持ちが良い曲です。「Tomorrow」もこの「南風」も、歌詞が良いんですよ。

TV放映版だと最後ゲイツにラムダドライバ通背拳するときに、この曲がBGMとして流れたとか。

アニメ4期楽しみですね。

クロスアンジュの一期OPより大トリ「禁断のレジスタンス」です。

スパロボVでは大活躍のヴィルキスでした。(個人的にはデオドーラとクレオパトラが使えて強かったので大満足でした)

以上です。

ついでにピアノ独奏で始まる曲もまとめました。自分用メモです。

  • 大釈迦(筋肉少女帯)
  • とってもサファリ(アース・スター ドリーム)
  • Found him(Monique Bingham)(モニーク ビンガム)

 

大釈迦やっぱかっけえわほんと。

 

↓クリックしてもらえるととても嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

 


About

View all posts by