神々の山嶺

『神々の山嶺』 (原作)夢枕獏(作画)谷口ジロー

掲載雑誌「ビジネスジャンプ」(集英社)

内容紹介
【ページ数が多いビッグボリューム版!】エヴェレスト初登頂の謎を解く可能性を秘めた古いカメラ。深町誠は、その行方を追う途中、ネパールで“毒蛇(ビカール・サン)”と呼ばれる日本人男性に会う。彼がネパールに滞在する理由とは!?
そして、彼の正体とは…!?

巻末に、夢枕 獏[『神々の山嶺』漫画版によせて]+谷口ジロー[もうひとつの山嶺]収録
Amazon商品ページより転載)

管理者より

エヴェレスト南西壁冬期無酸素単独登頂

この前人未到の偉業に人知れず挑もうとする伝説のクライマー羽生丈二と、その足跡を追う主人公・深町誠の物語です。

「……山屋は 山に登るから山屋なんだ 死ぬために登るんじゃない 死んだら………ゴミだ」

「そこに山があったからじゃない ここにおれがいるからだ」

「あれは…麻薬だな」「……麻薬?」「そうだ 一度山で岩の壁に張りついたら そこであれを味わったら 日常なんてぬるま湯みたいなもんだ」」

本当に「漢の物語」と言いたくなるような、荘厳な山々とそれに挑む男たちの肉体、谷口ジローの絵はどのページを切り取っても写真のように恐ろしく美しいです。

管理者イチオシの漫画です。

参考画像

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
神々の山嶺 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版 (全5巻)
神々の山嶺 1 (集英社文庫(コミック版)) (日本語) 文庫 (全5巻)