リウーを待ちながら

『リウーを待ちながら』 朱戸アオ

掲載雑誌「イブニング」(講談社)

内容紹介
富士山麓の美しい街・S県横走市──。駐屯している自衛隊員が吐血し昏倒。同じ症状の患者が相次いで死亡した。病院には患者が詰めかけ、抗生剤は不足、病因はわからないまま事態は悪化の一途をたどる。それが、内科医・玉木涼穂が彷徨うことになる「煉獄」の入り口だった。生活感溢れる緻密な描写が絶望を増幅する。医療サスペンスの新星が描くアウトブレイク前夜!!
Amazon商品ページより転載)

管理者より
リウーという単語でピンと来た人もいるかもしれませんが、この漫画は日本でのペスト流行(自衛隊の隊員経由)およびアウトブレイクを描いたフィクションです。

フィクションではありますが、現実世界でコロナが蔓延した今となっては、風刺的な内容になってしまっております。

主人公達が着ている防護服、感染地域出身というだけで受ける謂れのない差別と非難、今だからこそどれも実感が湧く内容です。

ただし現実世界では医療従事者の死は芸能人の死ほど大きく報道されません。この漫画は当然病院が舞台なので、アウトブレイクの最前線で容赦なく医者も死亡していきます。そういう視点で見ると新たな気づきがあるかもしれません。是非最後まで読んでほしい漫画です。

参考画像

試し読みをする

Amazonへのリンクはこちら
リウーを待ちながら(1) (イブニングコミックス) Kindle版 (全3巻)
リウーを待ちながら(1) (イブニングKC) (日本語) コミック (全3巻)