春と盆暗


『春と盆暗』 熊倉献

掲載雑誌「月刊アフタヌーン」(講談社)

あらすじ
さえない男子たちが恋におちた。
よりによって相手は一筋縄ではいかない女子ばかり!
彼女は何を考えている?
–俺は、どうすりゃいい?

四季賞出身の新鋭が贈る、日常から生まれるドラマを切り取ったオムニバス恋愛譚。
(講談社公式サイト「モアイ」作品紹介より)

管理者より
日常的世界系ラブコメとでも表現すればいいのでしょうか…、どこかSFチックなんですけど、ミステリィで謎を解き明かした後のようにちょっと晴れやかな気持ちになれる、そんなラブコメです。

言葉で説明しようとするとふわふわしたことしか言えないので、まずはこちら、1話試し読みをどうぞ。

1話のヒロインを見て、「?」となる方もいれば、「うんうん分かる!EVAがロンギヌスの槍投げる感じでしょ!」となる方もいると思います。そうですね、この漫画はSFでもミステリィでもなくて、ロックなんだと思います。

また、一筋縄ではいかない女の子たちは、愛情表現も一筋縄ではいかないのが微笑ましいです。

シチュエーションは王道なのに、切り口が変則的なだけでこんなに様々な愛の形を表現できるのか、と驚きました。

参考画像


試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
春と盆暗 (アフタヌーンコミックス) (全一巻)