アトム ザ・ビギニング


『アトム ザ・ビギニング』 ゆうきまさみ×カサハラテツロー

掲載雑誌「月刊 ヒーローズ」(ヒーローズ)

あらすじ
原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本。それから5年後、復興が進む日本のとある大学に、ロボット開発にすべてを懸ける2人の若き研究者の姿があった──。
“ゆうきまさみ”דカサハラテツロー”という、ロボット漫画を描き続けてきた2人が新解釈で描く、永遠のヒーロー“鉄腕アトム”誕生までの物語がいよいよ開幕!!
Amazon商品ページより転載)

管理者より
人口知能の研究用のロボットである「A-106」(作中での読み方はエーテンシックスです)を開発する2人の青年、お茶の水博士(おちゃのみずひろし)と天馬午太郎(てんまうまたろう)のお話です。

「自我」とロボットに持たせると一体どうなるのか、A-106は他のロボットとの交流、戦闘を経て、3巻以降では開発者2人の想像を超えた行動をとっていきます。

ところどころ仄めかされるアトム本編とのリンクが良い感じにSFしてるなと思いました。

といっても私は手塚治虫のアトムはキャラの名前くらいしか分からなくて、浦沢直樹がリメイクした「PLUTO」もかすかに覚えてはいますが、あれに登場した天馬博士は庵野秀明みたいな外見で、結局良いヤツか悪いヤツかよく分からない感じだったような…。

なのでこの作品に登場する天馬博士を見ると普通の青年という感じですごく新鮮です。

まずは2巻までどうぞ。機械全般への描き込みも、もの凄いです。

参考画像

atom-0-1 atom-0-2

 

atom-1 atom-2

 

atom-5

 

atom-6
試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
アトム ザ・ビギニング1(ヒーローズコミックス) (3巻既刊 2016年8月)