リクドウ


『リクドウ』 松原利光

掲載雑誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)

あらすじ
悲惨な家庭で育った少年・芥生リクは父親が借金を苦に自殺した時、借金取りに来ていた元ボクサーのヤクザ・所沢京介と出会う。そしてリクは別れた母親と共に過ごそうと考えるが彼女はヤクザの愛人となっていて、薬物中毒という悲惨な状態にあり、そして、母の愛人に暴行を受けたところを返り討ちにし殺害。これを理由にリクは児童養護施設に入ることとなる。しかし、その矢先、またしても悲惨な事件が起きた。リクを気にかけていた施設の職員・江原がヤクザにレイプされたのだ。これをきっかけにリクはボクシングを始めることを決意し、そして、かつて所沢が所属していたボクシングジムに入ることに。こうしてリクの壮絶なボクサー人生が始まった。
wikipediaより転載)

管理者より
あらすじのとおり、なかなか壮絶なバックグラウンドのボクシング漫画です。

夜の街の世界と隣り合わせに育ったという点で少し「ピアノの森」を思い出しました。画風は全く異なりますけれど。

ボクシングをする登場人物達のストイックさや迫力が凄く、新人の初連載とは思えない完成度の漫画です。

インドでキャバクラ始めました(笑)」の沼津マリーさんもオススメされている漫画です。

そしてなんと4巻ではJKヒロインの苗ちゃんが××××するシーンがあるので、楽しみにしていてください(笑)

また次に発売する6巻を機に、主人公のリクが一皮むけてからさらに面白さが増していくので、今ヤンジャンで一番熱い漫画だと思っています。(いや、ブンゴゴールデンカムイも合わせて三つが頭抜けていますね)

日本王者の椿さんも無茶苦茶カッコいいんです…。

管理者イチオシの漫画です。

参考画像

riku-1

riku-2

riku-3

 

riku-4

 

riku-5

riku-6

 

riku-7

riku-8

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
リクドウ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) (5巻既刊 2015年11月)