ぶっかけ


『ぶっかけ』 松山せいじ

掲載雑誌「エロまんっ」(秋田書店)

あらすじ
ムチムチ☆プリーンでマロン☆マロンな母と娘の親子丼☆ 下っ端オタリーマン筑前勝太と、超巨乳で包容力がある美人女社長、そしてツンデレまな板娘の3人で繰り広げる、BUKKAKE全開トラブル全壊プルルンムニュムニュ☆トライアングルオフィスラブコメ!社員の7割が女子社員☆の超エリート会社・物翔(ぶっかけ)商事の最下層・雑務課勤務の筑前の上司は、社長の娘で歳下のツンデレ課長。いつも筑前を「ばかもの~!」とコキ使うけれど…?にちゃっにちゃっ☆
(サイト「まんが王国」より転載)

管理者より
きっとこの世の中には二種類のストーリーエロ漫画があるのでしょう。物語初めに一人の女の子と最後までしてから、だんだんと登場ヒロインが増えていくタイプと、物語が進むごとにだんだんとプレイの内容が進んでいき、例えばラスト11巻で最後までするタイプ(笑)もちろんこの漫画は後者です。(まあ妄想では結構最初から最後までサービスシーンたっぷりですが)

あの松山せいじさんですので、爆乳をイメージされるかもしれません。しかしそれだけでなく三角関係ラブコメとしても読み応えがあります。この漫画のことをもっと知りたいと思った健全な人のために、「カートゥン☆ワールド~漫画の世界~」さんの記事を紹介しておきますね。

松山せいじさんは鉄道漫画「ゆりてつ」も描かれているほどの鉄オタで、この「ぶっかけ」にも扉絵などで鉄道ネタが散りばめられていたりします。

 

参考画像

bukkake-1

bukkake-2

 

bukkake-3

bukkake-4

bukkake-5

試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
ぶっ☆かけ 11 (GAコミックス) (全11巻)