インドでキャバクラ始めました(笑)


『インドでキャバクラ始めました(笑)』 沼津マリー

掲載webサイト「webコミックモアイ」(講談社)

内容紹介
服飾の専門学校に通う傍ら、軽い気持ちで始めた夜の世界にどっぷりハマりこんだ“ゆとり世代の落とし子”沼津マリーは、常連の社長にそそのかされ、単身インドに乗り込みキャバクラを経営することに! 日本の常識はインドの非常識。右も左もわからぬインドで、現地の駐在員相手に悪戦苦闘しつつキャバクラ「クラブマリー」を切り盛りする様子を本人が描いた、ほぼ実録エッセイ。
Amazon商品ページより転載)

管理者より
この漫画は沼津マリーさんが日本の水商売で磨き上げてきたその魂をインドでさらに昇華し、真理を悟るまでの過程を克明に描いた漫画です…。

↑というのは少し大げさですが(笑)、嘘ではありません。

今現在沼津マリーさんがダ・ヴィンチNEWSでweb連載されている「弟がネトゲ廃人な上に働かないから私が養っている件」もそうなんですが、読むとマリーさんの徳の高さにびっくりします。

水商売に対する世間の認識への理解とか、インドで雇う女性たちへの誠意とか、働かない弟に対する許容とか、とてもしっかりしていて、それでいてユーモラスで、バランスがとれた考え方するなあと驚きました。

わりとこういう男女ネタを描く人の中には、相手のダメなところを掘り下げる(でないとネタになりにくい)印象があるので苦手なのですが、マリーさんの前向きな考え方は好きです。

「インドでキャバクラはじめました(笑)」はweb上では完結していますが、単行本ではまだ完結しておりません。3巻が待ち遠しいですね。(話の展開上ちょっち厳しいかなー…)

 

参考画像

indo-1

 

indo-3

 

indo-4

試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
インドでキャバクラ始めました(笑)(1) (ワイドKC モーニング) (2巻既刊 2015年8月)