まるせい


『まるせい』 花見沢Q太郎

掲載雑誌「月刊ヤングキングアワーズGH」(少年画報社)

あらすじ
学在学中に漫画家デビューを果たした花比野Q一朗は漫画で食べていくことを決意し、大学を中退して上京する。3年後。『コミックイルカ』をはじめとする「ツバサ書房」の雑誌で14本の作品を発表しているものの、いまだ駆け出しの域を出ていないQ一朗。ようやく初の単行本が出せるという話になったが、その直後、出版社倒産の知らせを受ける。
wikipediaより転載)

管理者より
少年よ大志を抱け!」の直接の続編で、麻生さんも出てきます。ヒャッホイ!

舞台は一転して東京になりますが、かつてのキャンパスライフと同様いろいろなヒロイン(候補?)との濡れ場がありますし、漫画家漫画としても読みごたえあります。

とはいえやはり麻生さんがナンバー1ですけどね!

参考画像

maru1

 

maru2

maru3

 

maru4
試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
まるせい 1巻 (ヤングキングコミックス)(全3巻)