人斬り龍馬


『人斬り龍馬』 石川雅之

少年画報社より新装版刊行中
管理者より
”攘夷”、”薩摩”、”長州”、”土佐”、”新撰組”、”二本松少年隊”などがキーワードになる、幕末の血みどろの動乱を生きるさまざまな立場の人間の物語が紡がれた短編集です。「もやしもん」のようなギャグは無く、シリアスで切ない話が多いです。

描写のすみずみから作者の時代背景に対する深い理解が感じられて、とても読みごたえがあります。歴史好き、幕末好きな人におすすめです。

特に表題の「人斬り龍馬」だけでもこの一冊を手に取る価値があると私は思います。龍馬が人斬り?と疑問に思うかもしれませんがまさしくその通り「不殺の聖人と呼ばれながら新撰組や見廻り組を夜な夜な闇討ちする坂本龍馬と、その仇をとろうと奔走する近藤勇」を描いた短編です。僕はこういう歴史異考ものが大好きなのでツボにはまりました。

最後の「神の棲む山」は空想色が強い御伽草子といったところですが、別作品「カタリベ」ともリンクする神様が登場するのでファン向けの作品だと思います。
参考画像

830

831

 

 

832

833
試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
人斬り龍馬 (ヤングキングコミックス)(全一巻)