おすすめ商業エロ漫画紹介 Vol.2(2013年版 その1)

posted in: エロ漫画紹介 | 0

(関連記事はこちら)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前投稿した「商業エロ漫画紹介 Vol.1(2012年版)」の続編です。

本記事は商業漫画の紹介ですが、同人CG(DLsite, DMMで購入できる作品)や同人誌の紹介も別の記事で紹介しております。

こちらもどうぞ。「エロ同人CG、同人漫画紹介 Vol.1(2013年版)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商業漫画家について最近ピンときた作家をまず挙げていきます。

です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近ひげなむち目当てで快楽天やCOMIC X-EROSを買ったのがきっかけで、「胃之上奇嘉郎」「A-10」「和六里ハル」について知りました。(COMIC X-EROSはDMMでバックナンバーの電子版を購入することが可能です通販もあります。

胃之上奇嘉郎」ですぐに読めるのは「日直のお仕事」シリーズです。『COMIC X-EROS』Vol.2『COMIC X-EROS』Vol.9『COMIC X-EROS』Vol.14で読むことができます。プレイ自体はなかなかハードです。

「えろまんがかんそうぶん」さんは『ところどころ安彦良和っぽいテイスト』と形容されていて、つい笑ってしまいました。言われてみれば確かにそうだなあと(笑)。しかし私としてはそれ以上に、『これもしかして「それでも町は廻っている」の人???』と第一印象として感じました。まあ、おそらく違うだろうと思います。

 

A-10」は最近の「GIRL(?) NEXT DOOR」シリーズが良い感じでした。『COMIC X-EROS』Vol.3で読むことができます。(同シリーズではないですが,『COMIC X-EROS』Vol.10にも作品が掲載されています。) かなり前に単行本(Lord of Trash)も出されていますが、そちらは読んだことないです。悪しからず。「胃之上奇嘉郎」もそうですが、結構好みの絵柄だけに、もっとたくさん連載してほしいと思っています。

 

和六里ハル」は体の影のつけかたとかが一見ハードコアっぽさそうですが、プレイ自体はそうでもないです。ただし、兄嫁とか友達の母親とか、インモラルなシチュエーション(ノリは軽いですが(笑))が多いです。(最近「トロピカル☆母娘mix」が単行本として出ました.他には「さんかくかん」があります。)最近は母親ものの作品が多いようなので、そういうのが好みな人におすすめします。絵柄については松山せいじに似ているかもしれませんね。

 

この3人はこの単行本がいい!というわけではなく現行の連載作品が面白かったので新刊まだかなーと期待している状況です。エロ漫画って掲載間隔が長いんですよね…。Cuvieが化け物なだけかもしれません(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぱた」と「桂井よしあき」については、それぞれニュー速VIPブログさんがレビューしてますね。こちらどうぞ。

成人向け漫画業界のスーパー新人「なぱた」の初単行本が神すぎる!!!

究極のエロ漫画 「桂井よしあき 初単行本 黒白Lovers」 これは伝説として後世に語り継いでいくべき

 

二人とも『きれいな絵柄』の作家です(私的にはもう少しくだけたほうが好みです)。なぱたの「好きだらけ」はオーソドックスなイチャラブとけ顔という感じです。出てくる女の子が良い感じにエロいので、読みやすいと思います。人にすすめやすい作品です。

桂井よしあきの「黒白Lovers」については、正直「黒」だけ売ってくれればいいのに…と思うところもあったのですが(笑)、なかなか良かったです。(と思いきや,「告白Lovers」「黒箔Black Rubbers」と単品で出たので安心してください!)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えむあ」は「オフラインゲーム」がなかなか面白いのでおすすめです。定番のハーレムものですね。あとアナルが好きな人に単行本の「Analism」をおすすめしておきます。(『Analyze』という話がシュールでくすっときました。こういうギャグエロは大好きです。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆりかわ」はあっさり目の絵柄が好きな人におすすめします。「年上彼女オルタナティブ」を買ったのですが、ちょっと紙媒体で読むにはあっさり過ぎて物足りないかなーと思いました。いや普通にエロくて面白かったですけどね。最近『COMIC X-EROS』で連載されてる「ふたりのおもちゃ」シリーズもなかなかいい感じなので、楽しみにしてます。

 

大友卓二」は最近「アイドル・シスター」とDMMで「かの○○」シリーズを買ったのですが、ストーリーがいい意味で投げやりにならなくなったなあと思いました。ちょっと昔は道満晴満みたいな脈絡なくモブキャラに犯される展開もあったんですけどね(笑)

M教師 望月先生のヒミツ」「ごっくん処女」「アイドル・シスター」「かの○○」と辿ってきた中で評価すると、「かの○○」シリーズが一番おすすめです。名作抜きゲ「sisters ~夏の最後の日~」のように姉妹2人+母親ヒロインです。しかも母娘3人丼もあります!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しでん晶」といえばよく2chまとめで貼られる「パンチラエロ天使」(「キャンディーガール」に収録されています)が有名だと思います。

私はつい最近まで「童貞が許されるのは~」の作家さん(にったじゅんの「奪!童貞」)と勘違いしてたのですが、まったく別の人です。単行本を読んでみると普通に面白かったです。「キャンディーガール」と「フェチ乙女系」の二つを読んだのですが、個人的なおすすめは「キャンディーガール」です。

 

あべもりおか」はベテラン漫画家さんで、昔の「Dr.すたんぴーど!!」と最近の「お姉さんの膣穴」ではだいぶ絵柄が異なります。お好きな方を選んでください。(個人的には「はり×2はに~」に掲載されてる無駄に設定の凝った短編(機甲天使達の淫宴)やライトなギャグエロ(すくらんぶるおやこどん!)がツボに入りました。)

 

井ノ本リカ子」は下着の描き方がエロいんです。少女漫画チックな絵柄と展開がかなり好みです。井ノ本さんの作品は高校生が絡むシチュが多いので、制服好きな人におすすめします。あとがきの4コマもかわいいです。特に私がおすすめするのは「プリティサイズ」と「こいするからだ」です!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

縁山」はギャグエロ漫画家さんです。私はこういうの大好きです。ここ最近はXEROSの巻末で非(?)エロのほっこりギャグ短編「だいたいめる子」を描いてらっしゃいます。単行本は「ドリストア」が出ています。技巧派ギャグエロがどんなものか気になる方はこちらの記事どうぞ。(ヘドバンしながらエロ漫画!より)

 

朝木貴行」は「しょうごの」を買ったのですが、良かったです。掲載誌は当然LOなのでロリが好きな人向けです。シチュエーション的にはいたずらされることが多いので、Mな人向けです。

 

オオカミうお」は「ロリもぐもぐ!」に収録されている「ヒミツのブカツ」が良かったです。これもロリ好き向けです。

 

クジラックス」といえば「ロリとぼくらの」ですね。初めて読んだとき、こいつはすげえや…と思いました。一時引退されてるみたいですが。内容は結構ハードなので世の中の流れで発売禁止にならないうちに買っておくべきかもしれませんね(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと長くなってしまいましたが以上です。

どうやら私は、おおかみうお、朝木貴行、縁山、大友卓二、せみもぐらみたいな線のくっきりした絵柄が好みっぽいです。(私の中で勝手に『道満晴満系列の絵柄』と呼んでいます。)

それがだんだんくだけていくと、A-10、胃之上奇嘉郎、となっていくでしょうね。(このあたりが一番好きです。)

和六里ハルはちょっと別系列ですね。(これも私の中で勝手に「松山せいじ系列の絵柄」と呼んでいます。)

なぱたもまた別系列だと思います。(誰が先駆けなんでしょう、鬼月あるちゅ?)

他に分類すると、関谷あさみ、岡田コウ、クジラックス、ひげなむち、などのロリ系列です。

みなさんの好みはどれでしょうか(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一覧で見たい方はこちらどうぞ。

同人CG、同人漫画はこちら

続きはこちら