奇跡の一冊紹介その4(幽遊白書17巻)

posted in: 小ネタ集 | 0

 

「奇跡の一冊」紹介の最後となる四つ目、それは幽遊白書17巻です!!!!
yu1-2

まあ僕が紹介するほどでもないくらいの名作ですから、シンプルに一言、「雷禅(父親)に操られている状態の幽助がちょーーーーーーー格好いい!!」 紋章、長髪と燃える(厨二)要素を詰め込んだビジュアルに、当時はかなり憧れました。

この17巻は仙水編ラストと魔界編のはじめが収録されています。闘い一辺倒だった16巻までとは打って変った展開となり、当時は読んでいてとても驚きました。少年漫画だからと言って、ずっとバトルし続けなければならないわけじゃないんだなーと。悪役の「それから」というのも斬新でしたしね。

 

魔族として目覚めた幽助が仲間のもとにかけつけるシーン。四人ともかっこいいったらありゃしない。
yu2

覚醒、そして圧倒的な力の差。
yu3

いやー、しびれますね。いつみても、何度見ても。

 

魔界に行く前の幽助のプロポーズもいいんですよね。でも最後はこれ。やっぱりこれ。
yu4

うひょ~、かっけー。

 

やっぱ幽遊白書は最高ですね。仙水編より前が好きとか、それ以降が好きとか、そんなのどーだっていいんすよ!どっちも面白いんですから! (と言いつつ心の中では仙水編以降が特に面白いと思ってます。だって絵も上手くなってますし…)

 

以上で「奇跡の一冊」紹介は終わります。最後ちょっとテキトーになった気がしなくもないですが、以上です(笑)。

ありがとうございました。

 
幽・遊・白書 1 (ジャンプ・コミックス) (全19巻)