奇跡の一冊紹介その2(キメラ13巻)

posted in: 小ネタ集 | 0

 

それでは参りましょう。「奇跡の一冊」紹介の二つ目、それはキメラ13巻です!!!!
kimera1-2

残念なことに、このキメラという漫画は前のはじめの一歩に比べると、知名度はかなり劣ると思います。

また完結はしていますが、「それなりにきれいにまとまった」終わり方で、打ち切られてしまったというも事実もあります。(ファイナルクロニクルの2巻は単行本でかなり加筆されていいましたけどね。)

でもでもでも、僕はこのキメラの13巻~16巻までのグワッと盛り上がる巻がすごく好きなんです。特にこの13巻はそのターニングポイントとなる「役者が揃う」巻になります。

 

キマイラという戦闘種族の二人の少女、リンとマチルダ。お互いに辛い道のりを経て、この二人がようやく出会い、共闘します。ここでまずキターッっとガッツポーズしました。
kimera2

 

そして始まる人間とキマイラの聖戦。

故国を取り戻さんとする「キマイラ6人の戦士」と、現在この都市で暮らす人々の暮らしを守らんとする「大風車を守る6人」の闘いが、それぞれの大風車の下で始まります。王道ですねー。(ちなみに味方でキマイラなのはリンとマチルダの二人だけです。)
kimera3

 

そしてこの巻のもう一つの見どころは、壱号大風車におけるアインとエヴァンスの闘いです。圧倒的な戦闘力を持つキマイラに知恵(と勇気)を絞って挑もうとするアインの闘いぶりとその決着に、読んでいてしびれました。こういう頭脳戦が大好きなんですよ。
kimera4

 

この13巻を読むとどうしてもあとの14~16巻を読まずにはいられなくなる、そんな巻でした。

興味が湧いた人は是非読んでみてください。特に騎士モノや強い女性の話が読みたいという方におすすめします!

 
キメラ 1 (ジャンプコミックスデラックス) (全16巻)
キメラファイナルクロニクル 1 (ジャンプコミックスデラックス) (全2巻)