夏の前日

『夏の前日 』 吉田基己

掲載雑誌「good!アフタヌーン」(講談社)

あらすじ
夏の暑い日、芸術大学で油絵を描く青木哲生はバイト先の画材屋で画廊に勤める年上の和服美人・藍沢晶と知り合う。絵を描いているところにたびたび現れる晶に対して当初は反感を持つが、ある雨の日、晶が取った行動から恋愛関係となる。
Wikipediaより転載)

 

管理者より
えーどうでもいい話ですが、僕は「前日譚を描いた外伝」というものが苦手、というかあまり好きでありません。

ただし、「水の色 銀の月」の短編中の前の話を描いたこの「夏の前日」は許せます。なぜならエロいからです。巻末のおまけでもちょっとしたフェチシーンがあり(和服だけじゃなくて黒ストもあるよ!)、いろいろと気が利く(?)作品です。

参考画像

815 816

 

natsu-5
水の色 銀の月」は読んでなくても「夏の前日」は楽しめますよ。と言いたいところですが、絶対に気になって「水の色 銀の月」を読みたくなると思います。で、登場人物の森にブチ切れるんですよね。このやろうヒゲのくせに~、てね(笑)

僕の場合はそうでした。というか「モテキ」の墨さんといい、無精ひげ生やしたモテキャラというのが僕は許せないっす。まあこの話では主人公でないのでいいんですけどね、ね。

818-2
上の男が森

久保ミツロウ_モテキ02_1_1
こっちは「モテキ」の墨さん

 

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
夏の前日 1 (アフタヌーンKC) (全5巻)