グラゼニ

『グラゼニ』 (原作)森高夕次 (作画)アダチケイジ

掲載雑誌「週刊モーニング」(講談社)

あらすじ
プロ野球のスパイダースに所属する凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸に夏之介は今日も奮闘する。
wikipediaより転載)

管理者より
テレビのニュースでも必ず報道されるプロ野球選手の年俸、そこを切り口にしたプロ野球漫画です。

プロの世界の厳しさをきっちりと描きつつ、勝負の日々や恋愛事情を面白おかしく描いており、気軽に読める漫画だと思います。

定食屋ユキさんとの恋愛の話も面白く、また個人的には15巻~17巻(無印最終巻)ポスティングし渡米してからのエピソードが好きです。

このグラゼニは「グラゼニ~東京ドーム編~」に続きます。こちらもどうぞ。

参考画像
301

302

303

 

 

304

305
試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
グラゼニ (1) (全17巻)
グラゼニ~東京ドーム編~(1) (モーニングコミックス) (7巻既刊 2016年8月)