失恋ショコラティエ

『失恋ショコラティエ』 水城せとな

掲載雑誌「flowers」(小学館)

あらすじ
高校時代から憧れ続けていたサエコと付き合っている爽太。バレンタインデーの前日、爽太は精魂込めて作ったチョコレートをプレゼントする。しかし、サエコは受け取ってはくれなかった。そもそも、付き合っていると思っていたのは爽太だけだったのだ。

傷心の爽太は、なけなしの金と少々の荷物だけを持って、フランスの有名パティスリー・ボネールを訪れ、雇ってほしいと頼み込む。

5年後、ボネールの日本上陸が決まり、心躍るサエコの目に映ったのは、ボネール日本進出店を支える若きシェフとして紹介される爽太だった。

爽太はただサエコを振り向かせたい一心で修業に励んできた。しかし、サエコは結婚が決まっていた。間もなく爽太は独立し、ショコラ専門店「ショコラヴィ」を開店させる。
wikipediaより転載)

管理者より
久しぶりに私の中でヒットした恋愛漫画でした。甘口なイチャラブ漫画もいいのですが、やはり恋愛における「駆け引き」を真っ向から描いた作品の方が、読んでいて引きこまれます。それから「うそつきパラドクス」みたいな小悪魔系ヒロインを落とすというコンセプトがなかなか痛快なところもあって、そういう点でもおすすめです。

…が、このヒロインのサエコさん、小悪魔なんて生易しいレベルじゃありませんでしたね。『モテキ』の小宮山夏樹とかがかわいく見えてしまうレベルの魔性の女でした。(どちらかと言うと『東京DTED』の幼馴染に近い感じの性悪っぷりです)最後の9巻まで気が抜けない漫画です。

男性の方は女性不信にならないようお気を付けください(笑)

参考画像

 

 

 


試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ) (全9巻)