センチメントの季節

『センチメントの季節』 榎本ナリコ

掲載雑誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)

概要
ある一部の現代女子高生(性的にだらしない・自意識過剰)の生活や実態を描いた作品で、女性の視点で社会的問題や、売春、性行為などリアル(許容範囲内)に描かれている。

作品は季節ごとにまとめた構成となっており、秋、春、夏、冬の順番になっている。1巡目の「第1シリーズ」は、1話完結のオムニバス、「2度目の-」と冠がある2巡目の「第2シリーズ」は、季節ごとにストーリーや登場人物を設定しているシリーズ方式のオムニバスとなっている。
wikipediaより一部抜粋)

 

管理者より
かなりエロいです。
叔父の家で初めて読んで以来、親に見つからないように、コソコソ集めていました。

今も時々読みますが、自分が年を取ったせいか、読んだ後に哀愁が湧くようになってしまいました。
それほど感情移入できるか、と尋ねられると少し微妙なところもあるので、エロ7割ドラマ3割でおすすめします。

 

参考画像

 

試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
センチメントの季節 (1) (Big spirits comics special) (全8巻)
センチメントの季節 (秋の章) (小学館文庫)  (全4巻)