数学ガール

『数学ガール』 (原作)結城浩 (作画)日坂水柯

掲載雑誌「コミックフラッパー」(メディアファクトリー)

あらすじ
高校1年の春、入学式の後、「僕」は一人の少女に出会う。少女・ミルカは挨拶の代わりに数列を唱え、「僕」はその数列の続きで返答した。1年後、4月の終わりに「僕」はもう一人の少女に校門で手紙を渡される。高校に入学して間もない少女・テトラの書いたその手紙の中身は、「僕」に数学を教えてもらいたいという内容のものだった。
wikipediaより転載)

管理者より
数学に関して、「ふむふむ」と感心させられる作品です。ネタバレをすると、この漫画だけでは続きが気になる終わり方をされてしまいます。

ミルカさんとテトラちゃんとの三角関係とかも!

興味が湧いたのであれば、原作にも手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。途中ちょっと説明を難しく感じるかもしれませんが、多少(というか全く)数学が分からなくても、楽しめる漫画ですよ。

参考画像

試し読みをする(上)
試し読みをする(下)

 

 

Amazonへのリンクはこちら
数学ガール 上 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
数学ガール 下 (MFコミックス フラッパーシリーズ)