鈴木先生

『鈴木先生』 武富健治

掲載雑誌「漫画アクション」(双葉社)

概要
中学校の教師である鈴木先生が、生徒たちに起こる些細な、ときに重大な事件の数々を誠実に、情熱的に対応していく姿を描いた作品。
wikipediaより転載)

管理者より
「いい子ばっかり集まるとつまらないクラスになる…クラスを人間的に活性化させる中心はむしろ不良にある― そんな現場的な常識をぶっとばしてやりたい」

「だけど今の学校教育は我々が普段思っている以上に― 手のかからない子供の心の摩耗の上に支えられているんだ…」

熱血や感情論でトラブルを解決する(否、解決した気になっている)従来の教師漫画やドラマと違い、鈴木先生はひたすら論理的に正しい在り方を探ろうとしていきます。

 

例えば一番目立つ話題として、性教育。

一度は誰しも疑問に思ったことがあるかもしれない、でも誰もはっきりと教えてくれなかった。

だってそれに対して自分の答えをはっきり持っている人なんて、親どころか教師の中にもほとんどいないから。

学校の中ではおろか、社会全体が直視するのを避け続けている問題から、鈴木先生は逃げずに、ごまかさずに、一番難しい方法で、誠実に立ち向かっていくのです。

だから面白い。

そもそもなんで今までこんな教育漫画やドラマが無かったのか、それは「難しくて誰も出来なかったから」だと思います。

そしてもう一つ紹介しておきたいのが、10巻巻末の、オリエンタルラジオ中田敦彦さんによる解説。これがまた凄いんです。

例えば中田さんは、鈴木先生という漫画の中で、コマを埋め尽くすような字数のモノローグや思考が実は過剰なものではなく、現実の我々に近いものである(むしろ他の漫画がストーリー運びのために感情を省略している)と仰っています。

全文紹介したいくらいなんですが、我慢します(笑) 単行本を買った際は是非どうぞ。

 

名言集で紹介した名言をまとめたのでどうぞ。数が多くてすみません(;´∀`)

名言 その4 「人はおうおうにして―裏の限られた場所だからこそウソが言えることもある………」

名言 その8 「自分の気持ちひとつで 悩まないことはできると思うんだけど……」(途中参照)

名言 その17 「男の人をキモいって言う女は最低だって言ってたよね…」

名言 その33 「「人間だもの仕方ねえさ」で片付く程度の問題だ…」

名言 その38 「くり返しやってたら… 初めの時より悪くなるのは当然なんだよ!」

参考画像

武富健治_鈴木先生②_1 武富健治_鈴木先生②_2

 

武富健治_鈴木先生④_1

武富健治_鈴木先生④_2

 

 

 

武富健治_鈴木先生⑩_1 武富健治_鈴木先生⑩_2

 

武富健治_鈴木先生⑩_3 武富健治_鈴木先生⑩_4

試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)(全11巻)