乙嫁語り

『乙嫁語り』(おとよめがたり) 森薫

掲載雑誌「Fellows!」(エンターブレイン)

概要
物語の舞台は19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺の草原地帯である。12歳の少年カルルクの元に嫁いできた8歳年上の娘アミルを主人公として、シルクロードに生きる遊牧民と定住民の生活を描く。
wikipediaより一部抜粋)

管理者より
様々な乙嫁(ヒロイン達)の切り口から、遊牧民たちの生活を綴ったお話です。

遊牧民ですから当然、現代の日本に住む我々よりも生と死の距離が近く、信仰(と家長)の重みも違います。

だからこそ我々とは、目の輝きというか、命の燃え方が違うのかもしれません。

純粋な心を持つ登場人物と緻密で美しい絵が相まって、読んでいて目がまぶしくなる作品です。

参考画像

 

 

 

 

 


試し読みをする

 

 

Amazonへのリンクはこちら
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) (9巻既刊 2017年10月)