め組の大吾

『め組の大吾』 曽田正人

掲載雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)

あらすじ
幼い頃に巻き込まれた火災で消防士に助けられた朝比奈大吾は、自らも消防士になる事を目指し、見事採用試験に合格。千国市消防学校での研修を経て、地元の千国市消防局めだかヶ浜出張所に配属される。ところが大吾が配属されためだかヶ浜は、開発の初期段階で、住民の防災意識もあり、めったに火事が起きず出動もほとんど無い平和な地域。それゆえに隊員たちの士気も低く、“めったに火事が起きない「め組」”や“目出度い「め組」”と揶揄される出張所だった。
wikipediaより一部転載)

管理者より

「死ぬかもしれない、でも……だから、あそこでは全てが全開になる。

あんなに”生きている”瞬間ほかには…ない…!!!」

ただの「熱血消防士物語」として読んでいると、いい意味で裏切られると思います。

考えるよりも先に身体が動く大吾の救命は、ときに規律を破り、周囲を巻き込み、次々と規模の大きくなる災害の中で輝きを増していきます。

しかし大吾の才能が輝くときは必ず人々の悲劇であり、そこに祝福はありません。

それでも…ワクワクしてしまうんです。見ている方も(読んでいる方も)。

シャカリキ」もそうなんですが、曽田さんの描く主人公はみな刹那的で、危うい魅力を秘めてますよね。

一気読みをおススメする漫画です。

参考画像

dai-1 dai-2 dai-3

 

dai-4 dai-5 dai-6

 

dai-9 dai-10

 

dai-13 dai-14

試し読みをする

 

Amazonへのリンクはこちら
め組の大吾 (01) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)(全10巻)
め組の大吾 (1) (小学館文庫)(全11巻)